タクシー運転手でできる副業は?

タクシー運転手転職TOP >> FAQ >> タクシー運転手でできる副業は?

タクシー運転手でできる副業は?

タクシー運転手は、一般の会社員などとは違って勤務中でも自由に時間を使えます。1日の乗務時間は長いですが、それを1週間続けるということはなく、1日出たら翌日は必ず休みになります。その他に公休日があります。タクシー運転手は月間13乗務までと決まっているので、それ以外は休みということです。お客さまを乗せて車の運転をするのですから、精神的にもかなりのプレッシャーがかかるものです。疲労やストレスが溜まると注意力や判断力が鈍り、事故の原因となってしまいますので、このような勤務体系になっているのでしょう。

月のうちの17〜20日間は休みなのですから、その間に副業をするタクシー運転手もいます。タクシー会社によっては副業を禁止しているところもありますので、就業規則などを確認することをおすすめします。しかし、タクシー会社は一般企業と違って、それほど厳しく副業を禁止しているところはないようです。ですから、タクシー運転手をしながら副業をして、さらに稼いでいる人が多いのです。タクシー運転手ができる副業は、配送のアルバイトや運転代行の運転手など、得意な運転を活かす仕事があります。配送の仕事は、お中元やお歳暮の季節になると忙しくなりますから、アルバイトをたくさん雇います。その間だけ配送のアルバイトをするという人は多いです。その他には、役員運転手などの仕事があります。役員運転手は、タクシー運転手のように深夜に走ることはまずありません。それに、タクシー運転手のように不特定多数の人を乗せるのではなく決まった人を乗せるので、ストレスのかかり方が大きく違います。

もちろん、人によって価値観が違いますから、役員運転手だってストレスがかかるという人もいるでしょう。しかし、昼間のみの限定の仕事で、タクシー運転手が持っている知識を十分に発揮できるのは役員運転手です。運転はかなり上手なはずですし、地理にも詳しく、抜け道などは誰よりも多く知っています。これらをフルに活かせるのは、運転手の仕事が一番です。タクシー運転手をしているなら、副業をしようと勧めているわけではありません。しかし、もっと稼ぎたいと考えているのなら、タクシー運転手は副業のしやすい職業だと言えるでしょう。変則的な勤務体系で自由な時間が多くあるので、始めやすいのです。もちろん、もし仮に副業をするのであれば、本業に差し支えないようにするのが原則です。無理をして体調を崩しては何もなりません。

タクシー運転手の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

タクシー運転手転職の基礎

条件別のタクシー運転手求人

人気のタクシー運転手求人

タクシー運転手職探しのFAQ

地域別のタクシー運転手求人


Copyright (C) 2014-2022 タクシー運転向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.