タクシー運転手の定年は?

タクシー運転手転職TOP >> FAQ >> タクシー運転手の定年は?

タクシー運転手の定年は?

タクシーを利用した時、運転手さんが結構年配の人でびっくりすることがあります。公務員や会社員なら定年がありますが、タクシー運転手には定年はないのでしょうか。タクシー運転手も、会社で雇われているのであれば、その会社が決めた定年までは社員として働けます。タクシー会社では、65歳を定年にしているところが多いようです。特に定年を決めていない会社もあります。タクシー会社の定年が65歳だと、65歳になったらもうタクシー運転手として働けないのか、というとそうではありません。65歳を超えた人は、「嘱託」という形で雇ってもらい、仕事を続けられます。嘱託というのは、わかりやすく言うとアルバイトです。最近では65歳を過ぎた人でもとても若々しくて元気ですから、まだまだ働けます。

サラリーマンは60歳で定年となる人が多いのですが、その後タクシー運転手に転職する人もいます。60歳を過ぎてから全くの新しい環境に飛び込むのはなかなか大変なものですが、資格(第二種運転免許)があれば即戦力となれます。第二種運転免許は、入社する時点で持っていなくても、タクシー会社が資格取得まで援助してくれるところが多いのです。自分で先に第二種運転免許を取得してから、タクシー運転手に転職することも可能です。運転技術と体力に自信があるのなら、年齢はあまり関係ない仕事だと言えます。

しかしながら、高齢のタクシー運転手がアクセルとブレーキを踏み間違えて事故を起こしたという例もありますから、70歳を過ぎたあたりで制限している会社が増えてきているようです。定年というものを気にせずにタクシー運転手をしたいなら、個人タクシーとして自分で営業するという方法があります。個人タクシーなら体力が続く限りできますし、自分のペースで働けますからおすすめかもしれません。しかし、人の命を預かる仕事と言ってもいいものですから、判断力が落ちてきたとか、反射神経が鈍くなったと感じたら、無理して続けるものではありません。個人タクシーの場合でも、個人タクシーの申請を行えるのは35歳以上65歳未満となっており、75歳で定年と決められていますので、61歳から個人タクシーを始めたとすると、14年くらい働いてあとはゆっくり老後を過ごすことになります。昔のことを思えばかなり長く働けるようになっていますので、健康上問題がなければ、タクシー運転手は長く活躍できる仕事だと言えるでしょう。

タクシー運転手の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

タクシー運転手転職の基礎

条件別のタクシー運転手求人

人気のタクシー運転手求人

タクシー運転手職探しのFAQ

地域別のタクシー運転手求人


Copyright (C) 2014-2022 タクシー運転向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.