タクシー運転手は腰痛になる?

タクシー運転手転職TOP >> FAQ >> タクシー運転手は腰痛になる?

タクシー運転手は腰痛になる?

タクシー運転手をしていると、腰痛になりやすいと聞きます。立ちっぱなしではありませんし、座っていられるのにどうして腰痛になるのでしょうか。それは、同じ姿勢を長時間続けているからです。立っていても座っていても「ずっと同じ姿勢でいる」のが腰に良くないのです。タクシー運転手やトラックの運転手、長距離バスの運転手の中に、腰痛持ちだという人は多いのです。腰痛が持病になってしまう前に、うまく回避するようにしたいものです。

タクシー運転手の場合、1日中ずっと車に乗りっぱなしだと思われていますが、車に乗って営業所を出てしまえば、お客さまを乗せていない時は自由に休憩を取ることができます。また、タクシー運転手は休憩を3時間以上取ることが義務付けられているのです。食事やトイレの時には車から降りますが、その時にはストレッチをして体を動かすようにしましょう。可能であれば、1時間か2時間おきくらいに車から降りてストレッチをすると良いでしょう。運転している時は、腰に負担がかからない座り方をします。できるだけ座席に深く座り、頭は背もたれにつけるようにします。背中が反ると、腰に負担がかかって痛めることになりますので、座席は直角にすると腰痛になりにくいのです。ちょっと窮屈に見えますが、腰痛を避けるためにはおすすめです。

座席の調節だけでなく、腰痛防止のコルセットやクッションが販売されていますので、それを併用するとなお良いでしょう。クッションは路面からくる振動から腰を守ってくれますので、低反発のクッションと背当てがあると予防になります。他に、仕事のストレスが腰痛の原因だとも言われていますが、ストレスが全くない仕事などありません。どんな仕事でもストレスはあるものです。ですから、ストレスを上手に発散する方法を見つけておきましょう。どんな方法でも構いません。これが正しい方法というものはありませんから、自分なりの方法でストレスを解消していきましょう。腰痛になってしまうと、治療してもなかなか完治しません。良くなったと思ったらまた悪化し、その繰り返しになって仕事に支障が出てしまいます。椎間板ヘルニアになってしまって症状が悪化すると、手術しなければならないこともありますので、十分注意しましょう。長距離トラックや長距離バスの運転手とは違い、タクシー運転手は、比較的車から降りて体を動かす時間が取れます。こまめに体をほぐして腰痛を予防しましょう。健康を損ねるとタクシー運転手の仕事はできなくなります。自分の健康は自分で管理しなければなりません。

タクシー運転手の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

タクシー運転手転職の基礎

条件別のタクシー運転手求人

人気のタクシー運転手求人

タクシー運転手職探しのFAQ

地域別のタクシー運転手求人


Copyright (C) 2014-2022 タクシー運転向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.