タクシー運転手の離職率

タクシー運転手転職TOP >> 基礎 >> タクシー運転手の離職率

タクシー運転手の離職率

近年資格も取得できてより長い間働くことが出来るとタクシー運転手が転職先として注目されるようになってきていますが、タクシー運転手として実際に働いている方を見ると何かと大変なことも多く、離職率も高いという話も目にすることが出来ます。さすがに何度も転職を繰り返すのは体裁も良くないのでなるべくなら長く働ける職場で働きたいと考える方は多いと思いますが、タクシー運転手の離職率はどの程度のものなのでしょうか。

タクシー運転手に関する情報を見ると非常に離職率が高いという情報を多く目にすることが出来ますが、確かにタクシー運転手の離職率は低いとはいえません。特に入社してから1年未満の離職率が非常に高く、中々更新の育成が進まないと言う声も出ています。そのためタクシー会社の求人は非常に多く、退職せずに働き続けることが出来る人材が集まるのを常に待っているような状態になっています。ですが退職する方の中には他のタクシー会社に転職するケースも多いので、仕事そのものの問題だけでなく、勤め先の相性も離職率に少なからず係わっていると思われます。

タクシー運転手の離職率の高さは適正の問題が非常に大きいからと考えられています。タクシー会社の業務は常に小さな車の中で運転を続けるという身体に負担の掛かるもので、時には夜勤なども続けることになる方も多いので、夜型の生活に慣れないとすぐに体を壊してしまいます。そのため1年以内に辞める方はそうした生活スタイルに合わなかったという方が多く、それ以外の方はタクシー運転手として大いに活躍出来る可能性を強く秘めています。

タクシー運転手が離職するタイミングは非常に早い方が一番多いのですが、中にはゆっくりとしたペースで離職するケースもあります。特に多いのが定年間近に退職して独立して個人タクシーを始めるという方や、今の職場よりも高齢運転手の受け皿が用意されているという方が多く、他の業種では中々見られませんが、タクシー運転手の場合は60歳を過ぎてもまだ最終色のチャンスがあるので、早期退職して別のタクシー会社で再就職を始めると言う方が非常に多いそうです。

タクシー会社への転職は離職率が多い分求人は多いのですが、実際に働き始めると自分も離職者の一人になってしまう可能性も高いので、慎重に転職先を選ぶ必要があります。例えば転職エージェントを利用すると効率よく求人情報を調べることが出来るのはもちろん、離職率がどの程度なのか、業務形態はどのようなものなのかなど、企業情報も細かく調べることが出来るので、より確実に離職せずに働き続けることが出来る職場を見つけることが出来ます。

タクシー運転手の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

タクシー運転手転職の基礎

条件別のタクシー運転手求人

人気のタクシー運転手求人

タクシー運転手職探しのFAQ

地域別のタクシー運転手求人


Copyright (C) 2014-2022 タクシー運転向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.