タクシー運転手の睡眠時間

タクシー運転手転職TOP >> 基礎 >> タクシー運転手の睡眠時間

タクシー運転手の睡眠時間

タクシー運転手の仕事は日夜多くのお客を乗せて運転を続けますが、その際多くの利益を上げることが出来るのが終電もなくなった深夜や早朝とされています。そのためタクシー運転手の多くは深夜に運転をすることが多く、そのせいで夜は睡眠時間がほとんど取れなくなることも珍しくありません。そうした仕事を続けるとなると毎日の睡眠時間がどれだけ取れるのかが気になるところですが、タクシー運転手の睡眠時間はどれだけ取ることが出来るのでしょうか。

タクシー運転手が眠る時間は完璧に固定されているというわけではありません。夜勤を続けている方の場合は昼間眠って夜から早朝にかけて働くといった形になりますが、時には日中のシフトを組んで夜に眠ることになる場合もあります。そうなると日勤と夜勤が重なった時どうなるかが気になるところですが、そうした生活リズムが大きく崩れるようなシフトは基本的には避けるようになっており、合間に休みを挟むなどして生活時間を調整することが出来るようにしています。

睡眠時間や生活リズムの変動が多いタクシー運転手の仕事はどうしても向き不向きが分かれます。毎日夜に寝て朝に起きるごく普通の生活を続けてきた方の多くはいきなりの夜勤に耐えられずに業務が滞ったり身体の調子を崩したりといったトラブルを起こしがちです。逆に夜に起き続けて昼間に眠るという昼夜逆転の生活のほうが調子が良いという方もおり、そうした方は夜勤専門のタクシー運転手として活躍することが出来ます。こうした適性を把握した上で転職活動を行うと無理せず自分の身体に合った生活を送ることが出来るので、今の職場の業務形態が合わないという方は転職を視野に入れてみてください。

タクシー運転手といえば夜勤が続く仕事というイメージがついていますが、タクシー会社によっては日勤のみのシフトを組むことも不可能ではありません。特に高齢者のタクシー運転手の場合は夜勤続きだと体力が続かないので、日勤のみの条件で働ける職場に転職してより長い間働くという方も少なくありません。その分収入は減るので日勤だけで生活をするのは難しいかもしれませんが、退職金をもらうまでの間の収入を確保くらいなら十分に稼ぐことが出来ます。

タクシー運転手の仕事は不定期な睡眠時間の中業務することも珍しくありませんが、タクシー会社によってはより働きやすいシフトを組んでくれるところもあるので、今の職場に不満があるという方は思い切って転職するのも一つの手です。転職エージェントでは様々な求人情報を公開しており、より働きやすい業務日程を指定してくれる求人も必ずあるはずです。

タクシー運転手の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

タクシー運転手転職の基礎

条件別のタクシー運転手求人

人気のタクシー運転手求人

タクシー運転手職探しのFAQ

地域別のタクシー運転手求人


Copyright (C) 2014-2022 タクシー運転向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.